« 2年半ぶりにペリリューのげきりゅーへ | トップページ | 健全で強い精神は屈強な肉体に宿る! »

2012年4月28日 (土)

イレズミフエダイの大群と放卵&20枚のぐるぐるマンタ!パラオ・ペリリューダイビング旅行2012春

4月の中旬、GW前の中途半端な時期だというのに、なぜか空港激混み。
でも海外旅行のスタートにいつものコレは欠かせない。

 “朝からラウンジビア!”

一気に飲み干して景気をつけ、1年3ヶ月ぶりのパラオへ。
今回の一番の目的は、新月前のイレズミフエダイの大群&放卵を見ること。

グアムで3時間ちょっとの遅延はあったものの、無事パラオに到着。
いつものデセケルにチェックインした時点で24時過ぎ。
腹が減ってたので何か買いに行こうとフロントの女性に “どこか空いてるスーパーマーケットない?” と聞くと、この時間はどこも閉まっているとのこと。
ショック状態で世間話をしていると、なんとカップラーメンをくれた!
拙い英語だけど、会話をするレベルを保持できていることをこのときほどよかったと思ったことはない。

翌朝は、朝方の放卵に合わせて5時過ぎのピックアップでペリリューへ。

お世話になるショップは、おねーまんカトゥが今シーズンにオープンした「オムズ」さん。
いつもなら「デイドリーム」さんなんだけど、彼のキャラが好きなのと、同じタイミングでお店をオープンしたことに共感を覚えてここに決めた。

今回ご一緒させていただいたメンバーは、8人中6人が1,000本超えで、3人がイントラという超ベテランダイバー。
そして1本目からイレズミの放卵シーンを目撃!

イレズミフエダイは、いつもは水深数百メートルに生息する魚だが、この季節の新月前にだけ、繁殖活動のために浅場(といっても30m前後のところだが)に上がってくるとのこと。

ペリリューコーナー・エクスプレスでのダイビングは深度が40m前後と深く、1日4本程度潜ることから、ダイブタイムは25分前後と短め。
それでも9本みっちり潜り、とても堪能できた。

 ※動画は、チャンネルの品質→480p以上に設定してご覧ください。

Irezumi_120417_1
ペリリューエクスプレス棚上のイレズミ玉

Irezumi_120416_2
ブルーウォーターに映える!

Irezumi_120418_1
もうちょっと画角が欲しい・・・

Irezumi_120417_2
イエローウォールのイレズミリバー

Katu_120418
エンタテイナー カトゥ、最終日に脱いでお見送り

ペリリュー滞在3日目、
宿泊はショップということもあって仲良くなったゲストのみんなと別れるのはさみしかったが、AM中の2本を潜ったところでコロールへ。

お世話になる「デイドリーム」さんに連絡を入れると、なんとあのポイントに連れて行ってもらえるとのこと。

 “003”

ユーカク近辺の北のぐるぐるマンタポイントである。
初日にペリ遠征できていたEndoさんにキャンベックで会ったときにお願いしといてよかったよ。
しかも水中カメラマンの越智さんとご一緒できて、とても有意義だった。
ボートで色々話をさせていただいたんだけど、ダイビングの話ではなく、日本の教育制度についてだったというのが笑ってしまうのだが。

ただしこの003、リサーチ中のポイントで、当たる確率は非常に低い。
いずれにせよマンタフリークとしては、チャレンジしたかった。

結果は・・・ 大当たり!マンタ20枚乱舞!!興奮MAX!!!
ちなみに翌日はハズレだったとのこと。日頃の行いか?

Manta_120419_1
捕食中のバック転マンタ

Manta_120419_2
大接近!

Manta_120419_3
ぐるぐるマンタたちと水中写真家Ochiさん

Mantatrain_120419_1
マンタトレイン!

Mantatrain_120419_2
横からマンタトレイン!

最終日は早朝でブルーコーナー2本。
流れもなく癒しのまったりダイビング。

Yosuji_120420
定番のヨスジフエダイ

Indookiaji_120420_2
癒しのインドオキアジ

火鍋の「居酒屋九州」、タイ料理の「スリヨタイ」、居酒屋「夢」と大好きな飯屋にも行けて超満喫。
ときに「夢」は店内禁煙になってた。
やはりそういう流れだよなーと一人ほくそ笑んでしまったぞ。

今回の大きなトラブルのいえば2つ。

1つは渡航前からの懸念の通りのことが起きてしまったこと。
レギュレーターのエア漏れ。内部のパッキンがイカれてしまってたらしい。
まだ2年しか使っていないWarp白フィンが裂けてしまったのもショック。

もう1つは、キャンベックでサンドフライにやられまくったこと。
前回まったく大丈夫だったので油断していた。
刺されたふくらはぎ下の数ヶ所、1週間経ってもなおかゆみが加速し、朝はそのかゆみで起きてしまっていた状態だった。
今はだいぶ収まったものの、患部をみるに完治までは時間がかかりそうな雰囲気。

これからペリリューに行かれる方は、強力な虫除けをしっかり持参し、明け方のキャンベックでは肌を露出しないようにすることをお勧めしたい。

なんにせよ、7回行ってるパラオダイビングの中で、ダイビング的にも、出会ったたくさんの方々の面でも、文句なしダントツNo1だった。
しっかりお店の営業もできたし(笑)
やはりパラオへは潮廻りを見計らって行くべし!

オムズ」のカトゥ、いつもお世話になっている「デイドリーム」のガイド陣、ご一緒させていただいたゲストのみなさんに感謝!

日々頑張るためには自分への釣り餌が必要。
次はどこに行こうか釣り餌計画を立てねば。
当分はムリか。

■今回の旅行でお世話になったサイト■
 ・ダイビングショップ:OMZダイビングサービス
 ・ダイビングショップ:デイドリームパラオ
 ・格安パックツアー検索:エイビーロードネット
 ・パラオへの航空:ユナイテッド航空
 ・色々情報1:mixiコミュニティ「パラオ」
 ・色々情報2:mixiコミュニティ「パラオダイビング」
 ・色々情報3:mixiコミュニティ「ダイビングしたい!」
 ・色々情報4:地球の歩き方クチコミ掲示板

リラクティブBAR
「フェローズ」のブログはこちら

Fellows_logo_blackwhite_145

Daydream_120420

|

« 2年半ぶりにペリリューのげきりゅーへ | トップページ | 健全で強い精神は屈強な肉体に宿る! »

パラオ旅行記2012年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2年半ぶりにペリリューのげきりゅーへ | トップページ | 健全で強い精神は屈強な肉体に宿る! »