« 今年も行くよ!宮古島ダイビング旅行 | トップページ | ついに抜いた... »

2007年3月18日 (日)

八方尾根で今シーズン6回目のスキー

Happo070318_top 今週末は、今年で5年目となる記念すべき八方尾根
男のみキックスキーへ。
メンバーはもちろん、マンタロウ、ヒロ、僕の3人。

先月会社メンバーで八方に行ったときはほんと雪不足
で、3月までもたないかなー、と心配してたんだけど、
先週からの寒波のおかげでなんとか決行できた。

雪質は、下の方はカチカチだけど、中腹より上はパウダーで上々。
今回のお気に入りのコースは、109からパノラマ→セントラル→白樺を一気
に降り、ゴンドラで快適に上がるパターン。これ最高!

整地にも飽きてきたので、そろそろコブ行くか!と兎平に行くと、なんと真っ平!
ワザと均したのかなーと思ったら、最近の強風のせいで平たくなってしまった
とのこと(アルルの旦那さん談)。
自然の力、恐るべし...

しかし北尾根と黒菱のコブは健在。北尾根はカチカチで厳しかったが、黒菱は
パウダーコブ。ちょっと混んでたけど楽しめたわ。

Happo070318_sightseeing 相変わらず鬼のように滑るこのメンバー。
しかし1名脱落者が。ヒロだ。
最近ドイツ、中国と出張続きで激務に追われ超運動
不足。 “咲花まで下りて休んどいたら?” という話に
なり、パノラマ経由で下山。

あれ?ヒロが来てないぞ。先に行っちゃったのかな??
咲花に着いたが姿が見当たらない。そのうち連絡してくるだろうとリフトに乗って
いると、ヒロからかなり弱った声で電話が。

 “ボーダーに追突されて、身動きが取れない...
  とりあえずパトロールがゴンドラの下まで運んでくれたから、
  タクシーで病院行くわ”

おいおいマジかいな!骨折?まさか内臓いっていたりしたら大変だぞ!
僕とマンタロウもスキーを切り上げて、急ぎシンタニクリニックへ。
到着すると車椅子に座ったヒロが。
その痛々しい姿に一瞬驚いたけど、腰と右足の付け根の打撲で済んだとのこと
で一安心。
しかしかなり強打したようで、まともに歩けない。僕とマンタロウが肩を貸して、
二人三脚状態で移動。大変だった。

そんな状況の中、心を暖めてくれたのが、ペンション「アルル」の奥さんの気配り
と、旦那さんの超デリシャスディナー。
今回は特にお世話になりましたわ。ほんと感謝だよ。

サーモンムニエルwithバジルソースもおいしかったけど、絶品だったのは
オニオンスープ
何時間も煮込んで飴色になったオニオンに、これまた何時間も煮込んだ野菜汁
(ニンジン、キャベツなど)を入れ、塩コショーで味付けしたものだとのこと。
素材が生きている!という感じ。

Arles070318_1 Arles070318_7 Arles070318_3
Arles070318_4 Arles070318_5 Arles070318_6

 

心配されたヒロの状態だが、今日はかなり回復、牛歩ながらも自力で移動できる
ようになった。
さすがに温泉に行くのはムリなので、松川村の「壽亭(ことぶきてい)」に直行。
僕は先月歯の状態最悪のため食べれなかったソースカツ丼リベンジ。
やっぱココのは最高にうまいよ!
写真右は、アルルの奥さんもお気に入りの牛肉とキノコの卵とじ丼
これもかなりおいしいらしい。

Kotobukitei07018_katsudon Kotobukitei07018_tagmagodon

 

大変な八方スキーになってしまったけど、とにかくヒロが大事に至らずよかった。
なんといっても先月挙式を挙げたばっかの新婚だしね。

僕とマンタロウは、来週も日帰りスキーに行く予定。
これがほんとに今シーズンのラストランかな。
しかし我ながらほんまようやりますわ。

|

« 今年も行くよ!宮古島ダイビング旅行 | トップページ | ついに抜いた... »

スキー日記2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八方尾根で今シーズン6回目のスキー:

« 今年も行くよ!宮古島ダイビング旅行 | トップページ | ついに抜いた... »