宮古島旅行記2006年6月

2006年7月 2日 (日)

宮古島 ダイビング旅行記 PART3:伊良部島でダイビング

Imgp10356月23日から26日まで、スクーバダイビングで
宮古島へ。そのPART3。

 ※PART1 池間島でスノーケリングはこちらから
 ※PART2 下地島でダイビングはこちらから

…~……~……~……~……~……~……~……

この日は2ダイブの後、夕方からショートコースゴルフをやる予定。
早めにホテルに戻りたいということもあり、港まで車で行くことに。
AM8:45港に到着。あれ?人がいっぱいいる。
ゲストは僕らと常連の方1名の3人だと聞いていたのだが、急遽予約が入った
とのことで、4名増えていた。カラカラ先生のダイビングスクール大人気。
でもニューボートはデカイので、それでもゆったりできた。

出航から約30分、伊良部島のポイントに到着。
1本目はL字アーチ&Wアーチ、2本目は白鳥崎へ。

【L字アーチ&Wアーチ】
深めのドロップオフ→ワープホール→巨大なアーチが織り成す
ダイナミックな地形が特徴
のポイント。
ここで自身の最大深度33.4mを記録!
ただ透明度が低かったため、ミクロ探しに切り替え。
イシガキスズメダイ(左下)はクマノミよりも攻撃的?
 DIVE TIME 47min、MAX DEPTH 34.4m(AVG 12.5m)、WT 26℃

Imgp0989 Imgp0992 Imgp0993
Imgp0998 Imgp1005 Imgp0988

【白鳥崎】
白鳥岬の小さな湾内にあるポイント。
深場では大物にも期待できる日もあるようだが、この日は現れず残念。
クレバスでは、子供たちを必死に守る小型のクマノミの親子と、
穴に隠れていたヒトヅラハリセンボンを発見。なんか不気味だ。
 DIVE TIME 55min、MAX DEPTH 25.6m(AVG 11.5m)、WT 26℃

Imgp1019 Imgp1013 Imgp1032

昨年のダイビング(7月頭)では透明度抜群だった伊良部島のポイントも、梅雨明け
直後の影響もあってか透明度は10m程度でちょっと残念だったが、ダイナミックな
地形ダイビングを楽しめた。

一旦ホテルに戻り、アパラギゴルフコースヘ。
ブリーズベイの宿泊者は、1ラウンド18Hを2,800円(クラブレンタル料込み)で
回れる。
ティーは90~165ヤード。ショートコースと言えど、谷越えあり池越えありと多彩。
PM5:00スタートだったが、まだまだ日差しは強烈。でも海を眺めながらのラウンド
は、とても気持ちがいい。
僕は実に3年ぶりにクラブを握りやや緊張。1ホールこそゴロってしまったが、それ
以降ショットは概ね好調、1オン9個、PARは11個だった。楽しかったーっ!
一方のY爺はというと、体育会アイスホッケー部フォワードの肩書きはどこえやら、
ほとんどまともに飛ばず、ゲンナリゲンちゃん状態。 “もう二度とやらへん” と毒づ
いていた。

Imgp1033 Imgp1035

  ◆左:アパラギの美しいコース
◆右:体軸がブレずショットは絶好調

今回の旅行の最後の晩餐。
おいしいご飯で締めくくろう!ということで、サニーサイドへリトライ。しかし...
 “また閉まってるよーっ!”
休みたいときに休むというのんびりした風習は宮古島のいいところだが、今回は
ほんとこのお店とは相性が悪く、ちょっとがっかり。再び場所の紹介だけ。
  ※cafe&diner サニーサイド
    ・住所:平良字久貝1068-9 地図はこちら
    ・TEL:0980-75-3235
    ・ホームページはこちら

時間も遅かったので、とりあえず先にお土産を買うことに。
僕はパワーストーンが好きで、昨年すっかり気に入ってしまったトライブへ。
昨年はサンストーン(勝利のパワーストーン)、今年はローズクォーツ(癒しのパワー
ストーン)を購入。
  ※願いが叶う石のお店 トライブ
    ・住所:平良字西里13-1 地図はこちら
    ・TEL:0980-75-3700

お店のアニキと世間話になり、晩メシを食べるところを探しているというと、3軒の
お店(なかよし、ぽうちゃたつや、新宿33(みみ))を教えてくれた。
とりあえずトライブの裏にあるなかよしへ。
 “またまた閉まってるよーっ!”
次にダイビングショップの人もおいしいと言っていたぽうちゃたつやへ。
 “またまたまた閉まってるよーっ!”
さんご家は日曜定休。残るは名前が怪しいので気乗りしないが、新宿33(みみ)
しかない。トライブのアニキの言葉を信じて行ってみた。

新宿33に到着。お店に入ると、気品のあるおかみさんが出てきた。応対がとても
丁寧で感じがいい。
ちょっと遅めの時間だったこともあり、大きなテーブルに案内してくれた。
 “んっ?メニューがないぞ?”
ここではお決まりのコースメニューが出てくるようだ。あまり詳しく聞いていなかった
ので、少々不安な状況の中、一品目が出てきた。
宮古ぜんまいのゴマドレ(これかなり美味い)とタコのマリネ。
  “おいしいーー!!!”
正直そんなに期待していなかったので、繊細かつ凝った味付けに、僕とY爺は
舌鼓を打ちまくった。結局コースは全部で8品。どれも無茶苦茶おいしかった。
  “これってけっこうなお値段ちゃう?”
もしこの料理を東京で食べていたら、確実に8,000円くらいはするだろうという味。
で、お会計を聞いてビックリ。この内容でたったの3,750円!(ドリンクは別)
今回車で行ったのでお酒が飲めなかったが、どの品も泡盛にバッチリ合うように
きめ細かい味付けがなされていた。ほんとおいしかったよ。
最後の晩餐にふさわしいお店だった。
紹介してくれたトライブのアニキ、ありがとー!!
  ※お酒と小料理の店 新宿33(みみ)
    ・住所:平良字西里569 2F 地図はこちら (郷屋の隣のビルの2F)
    ・営業時間:PM6:30~11:30 月曜定休
    ・TEL:0980-75-4400

Imgp1041 Imgp1042 Imgp1043
Imgp1046 Imgp1047 Imgp1048
Imgp1049 Imgp1050 Imgp1044

最後にホテル情報。
今回大浴場とプールに期待してブリーズベイマリーナをチョイスした。
確かにスポーツ後の大浴場は気持ちいいが、いかんせん市街地の平良から遠く、
晩ごはんを食べに行くのが意外と大変。
ダイビングなどアクティビティがメイン目的で、立地条件なども考慮して総合的に
考えると、今後は市街地まで歩いて行けるアトールエメラルドでいいかなという
感じ。
ブリーズベイマリーナが平良にあれば最高なんだけど...

Imgp1051 Imgp1052 Imgp0919

  ◆左:プールは小さめだが雰囲気はGood
◆中:プールエリアの奥にはビーチが。海の中は期待できない
◆右:朝食はビュッフェ。お粥がおいしかった

…~……~……~……~……~……~……~……~……~……~……~

今回の旅はかなりActiveに動いて少々疲れたがとても楽しかった。
Y爺も久々のダイビングと、宮古の海そして料理を満喫していたよう。
カラカラ先生のみなさん、2日間楽しいダイビングをありがとう!
また3月ごろ(既に行く気満々)に帰ってくるのでその時もよろしくです!
そしてトライブのアニキはじめ、この旅でお世話になった方々、
楽しい思い出をありがとう!!!

■今回の旅行で参考にしたサイト■
 ・宮古島のホテル予約:楽天トラベル
 ・スノーケルポイント情報:離島ドットコム 宮古島情報館
 ・色々情報1:宮古島ドットコム
 ・色々情報2:宮古島オンライン
 ・色々情報3:宮古島ネット
 ・宮古島へのツアー:ANAスカイツアーズ
 ・宮古島への航空:ANA
 ・宮古島のホテル:ホテルブリーズベイマリーナ
 ・ダイビングショップ:カラカラ先生のダイビングスクール

※ご質問はmixiメッセからお気軽にどうぞ。

★クリック投票をお願いします!★

PART2下地島ダイビングへ

レーシック

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

宮古島 ダイビング旅行記 PART2:下地島でダイビング

Imgp09796月23日から26日まで、スクーバダイビングで
宮古島へ。そのPART2。

 ※PART1 池間島でスノーケリングはこちらから
 ※PART3 伊良部島でダイビングはこちらから

…~……~……~……~……~……~……~……

AM8:30にお迎えが来た。
お世話になるショップは昨年同様カラカラ先生のダイビングスクール
このショップはGoogleで “宮古島 ダイビング” と検索した時に一番最初に表示
され、かつ名前がユニークだった、という単純な理由で決めたのだが、とても心地
よいショップさんだったので、今回も当然のごとく自然にここに連絡をしてしまった。

港に到着。んっ?ボートがパワーアップしてる?!
そう、昨年12月に新型を投入したとのこと。愛称はビンパチ号。
水洗トイレと大型のターフを完備しており、日焼け対策もバッチリだ。
 ※結局黒人のように黒くなってしまったが...
港で機材セッティング。今回のダイビングが3年ぶりのY爺は大混乱。
BCを逆に装着し、ファーストステージの取り付けに試行錯誤の繰り返し、インフレータ
へのホースのドッキングすらできず。
結局すべての装着をまゆりさんに指導してもらっていた。
2日間で5回の取り外し作業を行ったのだが、1回もまともにできず。
たのんまっせーーーっ!
Y爺さん、海中では大丈夫だろうか?不安を抱えながら、下地島に向けていざ出航。
船長はコテコテの関西弁のキジムナーさん、ガイドはさわやかな笑顔とVividなトーク
で楽しい雰囲気をかもし出すまゆりさん。
今日一日よろしくです!

出航から約30分、ポイントに到着。
下地島には日本で唯一のパイロット訓練場があり、間近でジェット機がTouch&Goを
繰り返していた。スゴイ迫力。
1本目は本ドロップ、2本目は魔王の宮殿へ。

【本ドロップ】
ロウニンアジ遭遇率99%を誇るポイント。
ドロップオフの壁に沿って進んでいくとドロップの亀裂が。そして大きな
ロウニンアジが出現!
この周辺はかれらのクリーニングポイントらしく、10匹前後がこの亀裂を
回遊していた。すぐ目の前をコワモテの表情で通り過ぎる様は圧巻。
3年ぶりのY爺は、亀裂に挟まって呼吸も荒め。ダースベイダーみたい。
 DIVE TIME 43min、MAX DEPTH 19.8m(AVG 11.5m)、WT 27℃

Imgp0928 Imgp0927 Imgp0922
Imgp0934 Imgp0937 Imgp0931

【魔王の宮殿】

海の宮殿のような迷路と各部屋の縦穴から降り注ぐ淡いブルーの光
が幻想的
なポイント。
宮殿への入口の横穴に入ると、所々にカノコイセエビが。
そして最初の部屋に着くとハタンポの赤ちゃんがいっぱい。
動きが早すぎてピントが合わず、ちょっと残念...
メインの魔王の部屋の縦穴から射す光はとても厳かだった。
シャコ貝は鑑賞家たちの間では、その模様で価値が変動する
らしい。
 DIVE TIME 48min、MAX DEPTH 24.6m(AVG 13.4m)、WT 27℃

Imgp0944 Imgp0943 Imgp0949
Imgp0956 Imgp0963 Imgp0965

AM中の2本が終了し、昼食をとってしばしお昼寝。
ここでニューボートの新兵器、ロングターフが大活躍。
そして3本目のミニグロットへ。

【ミニグロット】
岩で囲まれた露天風呂に入っているようなリラクゼーションが味わ
える
、一風変わったポイント。
水深10メートルほどのところにある穴に入ると、前が見えないくらいの
子供キンメモドキの大群が!スゴイ!!
突き当たりの縦穴を浮上(左下)すると露天風呂が!(中下)
そして展望台からは、観光客が不思議そうにこっちを見ていた。
なんだか優越感。
ボートへの帰路ではメレンゲウミウシを発見。
 DIVE TIME 52min、MAX DEPTH 30.4m(AVG 11.8m)、WT 27℃

Imgp0979_1 Imgp0981 Imgp0968
Imgp0969 Imgp0975 Imgp0982

梅雨明け直後ということもあり、エントリー後の透明度はいまひとつだったが、
穴の中は超クリアー。
宮古島らしい地形ダイブを存分に満喫できた1日だった。

そして晩メシ。この日は冒険するのをやめ、昨年サニーサイドのお姉さんに教えて
もらい大当たりだった市街地平良の西里通りにあるさんご家へ。
昨年来たときには、ちょい古めの畳のお座敷の店だったが、やたらと近代的な空間
に生まれ変わっていた。店の子に聞くと、今年2月にリニューアルオープンしたとの
こと。
お店が新しくなっても、定番のさんごや(358円)メニューは健在。
さんご家は、ほんとに安くておいしい、すばらしい居酒屋だ。
  ※琉球王国 さんご家
    ・住所:平良字西里231 地図はこちら
    ・営業時間:PM5:00~AM0:00 日曜定休
    ・TEL:0980-75-3235

Imgp0983 Imgp0984 Imgp0985

  ◆左:生まれ変わったさんご家の入口
◆中:海ぶどうがたったの358円
◆右:ゴーヤチャンプルもこの量(ちょっと食べた後)

ホテルに到着し車を降りると、空には満天の星が!しかも天の川まで見える。
スゲー!!!
昨日晩メシ失敗のリベンジも果たし、安らかに眠りについた...

■今回の旅行で参考にしたサイト■
 ・宮古島のホテル予約:楽天トラベル
 ・スノーケルポイント情報:離島ドットコム 宮古島情報館
 ・色々情報1:宮古島ドットコム
 ・色々情報2:宮古島オンライン
 ・色々情報3:宮古島ネット
 ・宮古島へのツアー:ANAスカイツアーズ
 ・宮古島への航空:ANA
 ・宮古島のホテル:ホテルブリーズベイマリーナ
 ・ダイビングショップ:カラカラ先生のダイビングスクール

※ご質問はmixiメッセからお気軽にどうぞ。

★クリック投票をお願いします!★

PART1池間島スノーケリングへ≫ ≪PART3伊良部島ダイビングへ

レーシック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

宮古島 ダイビング旅行記 PART1:池間島でスノーケリング

Imgp08596月23日から26日まで、スクーバダイビングで
宮古島へ。そのPART1。

 ※PART2 下地島でダイビングはこちらから
 ※PART3 伊良部島でダイビングはこちらから

…~……~……~……~……~……~……~……

毎年恒例の6月の沖縄旅行。この時期は料金が安く、梅雨明け直後の6月末を
狙っていけばバッチリ。
ずっと本島だったが、昨年初の宮古島へ。海はキレイ、メシは美味い&安い!
すっかりハマッてしまい、今年も当然のごとく宮古島へ。

こでまでビッグホリデーのツアーを利用してきたが、さらにGoodなツアー会社を
発見した。それはスカイツアーズ。沖縄には絶対の自信があるらしく、リーズナ
ブルで、しかもANAグループなので安心だ。
格安ツアーでは、大抵シートが決められてしまうが、ここのツアーは自由に選べた。
ANAのサイトでリクライニングできる後部座席がないシートを予約。
空の旅を思いっきりくつろいだ。
ホテルはブリーズベイマリーナ。大浴場が楽しみだ。

今回のバディは会社の先輩のY爺。
彼とはこれまで色んなところに一緒に旅行してきた。
ハワイ、沖縄本島×4、石垣島、セブ島、バリ島。
Y爺の一番の特徴は悲しいかな “運の悪さ”。一緒にいると、この人ほんとツイて
ねーなー、とつくづく思ってしまう。しかもその運の悪さは、たまに周りの人に飛び火
するからタチが悪い。僕はこれまで色んなハプニングに巻き込まれてきた。
でもハプニングがあってこそ旅は面白い。前向きに行こう!
そんなY爺も3年前に結婚し、子供もいる。が、何とか家族を説得しての参戦だ。
というわけで、少々不安な思いを残しての旅だったが、フライトスケジュールは
順調、天気も全日程ピーカンだった。

12:00宮古空港に到着。レンタカーを借り、そのままスノーケリングで池間島へ。
その前に腹ごしらえ。向かうはもちろん食堂すむばり
ここのタコ丼(タコ炒めを卵でとじた感じ)はほんとうまい!しかも安い!!
たったの650円で大満足のメニューだ。ダントツNo1のおススメメニュー。
ただ今回はちょっと冒険して、すむばり丼をチョイスした。
ウマイのだが、もずくが入り過ぎてて魚介類の存在がかなり薄くなってしまって
いる。もずくが大好きな人は別として、やっぱすむばり⇒タコ丼を痛感。
  ※お食事処 すむばり
    ・住所:平良字狩俣768-4 地図はこちら
    ・営業時間:AM10:00~PM7:00 不定休
    ・TEL:0980-72-5813
    ・ホームページはこちら

Imgp0851

  ◆もずくたぷりのヘルシーメニューすむばり丼(900円)

宮古島でのスノーケルといえば、定番は島の南東の吉野海岸。
ただ近年は多くの人で込み合っていて、珊瑚もかなりダメージを受けているとのこと
で、昨年に引き続き池間島へ。
ここは入口が分かりにくく、あまり情報が公開されていないため、知る人ぞ知る穴場
ポイントだ。静かで落ち着く。海に入ってビックリ!
  “クマノミ君の数が昨年の3倍くらいに増えている!!”
ここは彼らにとってヘブンなのだろう。
途中イラブ(海へび)が出没するというサプライズもあったが、キレイな珊瑚とたくさん
のかわいいトロピカルフィッシュに囲まれスノーケリングを大満喫。
初めてのY爺も大喜び。よかったよかった。
  ※このポイントへの行き方は、離島ドットコム宮古島情報館を参照のこと。

Imgp0885 Imgp0868 Imgp0875
Imgp0858 Imgp0859 Imgp0863
Imgp0865_1 Imgp0894 Imgp0901

この日の晩メシは、昨年開拓したカフェ サニーサイドへ。
しかしこの日は閉店しており、断念。翌々日も行ってみたが、またまた運悪く休業日。
ここのおねーさんがつくる料理はムチャクチャおいしく楽しみにしていただけに、
とても残念だった。
これもY爺の“運の悪さ”の影響か...
  ※cafe&diner サニーサイド
    ・住所:平良字久貝1068-9 地図はこちら
    ・TEL:0980-75-3235
    ・ホームページはこちら

気を取り直してヤギ料理の店 福久助へ。
色んな観光情報誌に掲載されているわりに客がいない。定番(と言われていた)
のヤギみそラーメンを注文しようとしたところ、店のオヤジが、
 “今日はヤギは終わったよ。予約して来ないとダメだよ”
と素っ気無い一言。不快に感じた僕らはこの店を出た。
さんざん広告を出しておいて、この発言はなんだ?!感じ悪し。
この店には二度と行くことはないだろう。

結局第三の候補 へ。
アーサ(岩のり)天ぷら(680円)、猪チャンプルー(1,200円)、ヤギ汁定食
(1,500円)×2人分を注文した。
この店はとにかく出てくるのが遅過ぎる。ようやく出てきたアーサ天ぷらも、コロモ付け
過ぎでたい焼きの尻尾の部分みたいな感じ。
そしてヤギ汁。福久助のリベンジの思いもあって発注したのだが、クサミが強過ぎて
決しておいしいとは言えない味だった。Y爺はまったく食えず。好き嫌いが無く、多少
クセのある料理でもおいしいと思えるはずの僕でさえ、結構キツかった。
その瞬間、福久助のヤギみそラーメン食えなくてよかったなーとの思いがよぎった。
確かにmixiのコミュニティでも、「ヤギ料理がおいしい」というコメントを見たことがない。
結局おいしかったのは、猪チャンプルーのみ。
翌日ダイビングショップの人に聞いたのだが、この店は料理が出てくるのが遅いので
有名とのこと。やはり口コミは偉大な情報源だ。

Imgp0918 Imgp0915 Imgp0917

  ◆左:雰囲気のいい蔵の玄関
◆中:猪チャンプルー。これはおいしかった
◆右:独特のクサミのあるヤギ汁

サニーサイドが営業していてくれれば...
でも “失敗は成功の元”。そう前向きに捉えることにしよう。
明日はダイビング。Y爺のいびき&歯ギシリに怯えながら、早めにお休み...

■今回の旅行で参考にしたサイト■
 ・宮古島のホテル予約:楽天トラベル
 ・スノーケルポイント情報:離島ドットコム 宮古島情報館
 ・色々情報1:宮古島ドットコム
 ・色々情報2:宮古島オンライン
 ・色々情報3:宮古島ネット
 ・宮古島へのツアー:ANAスカイツアーズ
 ・宮古島への航空:ANA
 ・宮古島のホテル:ホテルブリーズベイマリーナ
 ・ダイビングショップ:カラカラ先生のダイビングスクール

※ご質問はmixiメッセからお気軽にどうぞ。

★クリック投票をお願いします!★

PART2下地島ダイビングへ

レーシック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめ居酒屋&料理店 | ささやかな楽しみ | アンコールワット旅行記2005年10月 | ゴルフ日記 | サイパン旅行記2006年2月 | サイパン旅行記2006年5月 | サイパン旅行記2007年1月 | サイパン旅行記2007年7月 | サイパン旅行記2008年1月 | サイパン旅行記2009年11月 | サムイ島旅行記2005年3月 | シパダン旅行記2010年5月 | スキー日記2006 | スキー日記2007 | スキー日記2008 | スキー日記2009 | スキー日記2010 | チャリで東京散策 | パラオ旅行記2006年11月 | パラオ旅行記2007年12月 | パラオ旅行記2008年12月 | パラオ旅行記2009年12月 | パラオ旅行記2009年5月 | パラオ旅行記2011年2月 | パラオ旅行記2012年4月 | パラオ旅行記2013年4月 | パラオ旅行記2014年1月 | ビジネスの話 | ホノルルマラソン記 | マウンテンバイク | モルディブ旅行記2010年1月 | モルディブ旅行記2010年3月 | レーシック | 京都紅葉の旅2006年11月 | 京都紅葉の旅2007年11月 | 仕事の話 | 健康とダイエットの話 | 八丈島旅行記2009年10月 | 利島旅行記2013年10月 | 宮古島旅行記2005年6月 | 宮古島旅行記2006年6月 | 宮古島旅行記2007年10月 | 宮古島旅行記2007年12月 | 宮古島旅行記2007年6月 | 宮古島旅行記2008年11月 | 宮古島旅行記2008年2月 | 宮古島旅行記2008年6月 | 宮古島旅行記2008年8月 | 宮古島旅行記2009年12月 | 宮古島旅行記2009年4月 | 宮古島旅行記2009年7月 | 宮古島旅行記2009年9月 | 宮古島旅行記2010年11月 | 宮古島旅行記2010年4月 | 宮古島旅行記2010年6月 | 宮古島旅行記2011年10月 | 宮古島旅行記2011年6月 | 宮古島旅行記2012年10月 | 宮古島旅行記2012年6月 | 宮古島旅行記2013年11月 | 料理と食べ物の話 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 沖縄本島旅行記2013年6月 | 白馬八方尾根旅行記2012年10月 | 石垣島旅行記2007年9月 | 石垣島旅行記2008年4月 | 石垣島旅行記2010年8月 | 石垣島旅行記2012年12月 | 英会話NOVA日記 | 草野球日記 | 葉山ダイビング日記 | 長野駒ヶ岳旅行記2006年9月 | 長野黒部ダム&白馬八方尾根旅行記2009年10月 | 雑誌掲載写真 | B’z My Best | PRIDE&K1