アンコールワット旅行記2005年10月

2006年1月15日 (日)

アンコールワット旅行記 後記:感染症の疑い?!

200510291458000 2005年10月17日から20日まで、アンコールワットへ
一人旅。
その編集後記。

…~……~……~……~……~……~……~……~……

10月21日シェムリアップを出発、シンガポールの先輩夫妻の
家に3日間滞在させていただき帰国した。
帰国した翌日から会社へ。当たり前だが仕事が溜まってて
無茶苦茶忙しく、頭の中は常にハードディスクがカラカラ回っている状態。
キツイ...
そして翌日の夕方突然寒気が。熱を計ると39℃!でも風邪の症状は出ていない。
僕の中に嫌な予感がよぎる。実はシェムリアップ滞在3日目の夕方から、お腹の
調子が悪かったのだ。で、その経緯を思い返すと、隣の部屋の初老の夫婦と夜外
で飲んでいた際、僕は上半身裸でいていっぱい蚊に刺されていたのだ。?!まさか
これってデング熱では?!地球の歩き方の病気のページを見ると、症状が似てい
る。そして病院に行くといきなり“コレラの可能性が高いですね”との診断を受けて
しまった。そこから川崎市立病院へ直行、隔離病棟に入れられここで3日間を過ごす。
人生初の入院&点滴(アホみたいに痛かった)。マジかよー!とか思う元気は無か
った、その時は。翌日の夕方には熱も下がった。回復してからが結構地獄だった。
元気なのに狭い部屋から一歩も出れず2日間を過ごす。検査結果が出ない限りは外
には出せないとの先生のコメント。確かにおっしゃる通りだ。できることといえば、
外を眺めることと、半開きの窓から外の空気を吸うことくらい。気が狂いそうだ。
入院3日目、とりあえずヤバイ病気では無いことが確定し、退院できることになった。
久々に外を歩いた。自由ってなんてすばらしいんだ!普段は当たり前のことが実は
ありがたいことなんだ、と気付いた瞬間だった。それ以外に良かったことといえば、
4kg減って腹筋の線がくっきりしたことくらいか...

 ※僕の場合は結局全くなんともなかった(体の疲れからきたものだったよう)
   のですが、これから東南アジアを旅行する方には、くれぐれも日々の食事
   (特に水)や服装などには気を付けていただければと思います。
   この体験が少しでもみなさんの今後の一助となれば幸いです。

★クリック投票をお願いします!★

アンコール前日の日記へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

アンコールワット旅行記 3日目:オールドマーケット他散策

2005年10月17日から20日まで、アンコールワットへ一人旅。
そのPART4。

…~……~……~……~……~……~……~……~……~……~……~…

【2005/10/20】
アンコール遺跡を訪れてはや3日目。ホテルでの朝食にも飽きていたので、朝の
散歩ついでに外に出かけた。朝は意外と涼しく気持ちがいい。川では子供たちが
元気に遊んでいる。ただ1点気をつけなければならないのは、犬のウンコがそこら
じゅうにあることだ。僕は旅の間3回も踏ん付けてしまった。
トンレサップ川沿いのアンコールメアスというレストランに入った。朝から現地の
人で賑わっている。カンボジアで最もポピュラーな朝食メニューのボッボーを食べ
ることにした。3,000リエル、無茶苦茶安い。ここは写真入りのメニューがあるの
で安心。かなり気に入ったので、翌朝も行くことにした。

Imgp0429 Imgp0427
◆左:シェムリアップ川沿いの朝の風景 ◆右:地元民のレストラン、アンコールメアス

Imgp0353 Imgp0426
◆左:ボッボー(お粥) ◆右:豚挽き肉たっぷりのクイティウ(米麺)

この日は20歳の青年バイタクを$5チャーターした。とてもいいやつだったので、
翌朝の空港までの送りも彼に頼むことに。かなり値切ったが$3。彼が言うのだから
これ以下では無理なのだろう。
アンコールワットの見学が終わり、オールドマーケットで下ろしてもらった。
あまりにクソ暑いのでビールで喉を潤すことに。19時まではハッピーアワーで¢60
~$1で飲める。特にやることもなかったので、カンボジアンマッサージ店へ。
1時間で$4。内容はほぼタイ式マッサージと同じだが、レベルは低め。あまり期待
せず暇つぶし程度に行ったほうがいいと思う。

Imgp0405 Imgp0403
◆左:ランチタイムのオールドマーケット食堂前 ◆右:どのレストランもハッピーアワー

夕食はホテル近くのワットボー通りにあるこじんまりとしたホームカクテルレストラン
でとることにした。カンボジアンキュイジンセット+ビール2本で$6弱。特にデザート
のシロップバナナは超美味だった。
ところで夜のシェムリアップは街灯がほとんどなく暗い。その中をチャリ、バイタク
そして屋台引きがひしめき合っているのだから、とても危ない。しかも街中は野良犬
だらけ。目を合わせると吠えながら追いかけて来る。僕も暗闇の中で追いかけられ
てしまった。ひるんではダメだと思い、逆に追いかけてやったら吠えながら逃げて
行った。これが俗に言う負け犬の遠吠えなのだろう。

Imgp0420 Imgp0421 Imgp0432
◆左:ココナッツ風味のカンボジアンカリー ◆中:超美味のシロップバナナ
◆右:宿泊したアンコールダイヤモンドホテル前

■今回の旅行で参考にしたサイト■
 ・シェムリアップへの格安航空券購入:エイビーロードネット
 ・シェムリアップへの航空:シンガポール航空シルクエアー
 ・シンガポール空港情報:チャンギ空港
 ・シェムリアップのホテル予約:アップルワールド旅WEB
 ・色々情報1:CambodiaWatch
 ・色々情報2:地球の歩き方カンボジア

★クリック投票をお願いします!★

アンコール前日の日記へ          アンコール後記へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

アンコールワット旅行記 2日目:アンコールトムへ

2005年10月17日から20日まで、アンコールワットへ一人旅。
そのPART3。

…~……~……~……~……~……~……~……~……~……~……~…

【2005/10/19】
アンコールトム(大きな町)は、12世紀後半にジャヤバルマン七世が造った王都で、
その中心にあるのが仏教寺院のバイヨンだ。一時的なベトナムの支配から解放
された時期で、「国土の平穏」がテーマだったらしい。

Imgp0279 Imgp0303 Imgp0286
◆左:南大門はアンコールトムへの入口 ◆中:町の中央にはバイヨン
◆右:仏教寺院らしくそこらじゅうに四面仏が

Imgp0298 Imgp0305 Imgp0324
◆左:ベトナムとの戦いのレリーフ ◆中:厳かさを感じるバプーオン
◆右:クリアンとプラサット・スゥル・プラットの間

昼からは周辺の遺跡を回り、最後にタプロームへ。ここはもともとジャヤバルマン
七世が母親のために造った仏教僧院。映画トゥームレーダーのロケ地にもなったとこ
ろで、その神秘的な雰囲気から、僕が最も楽しみにしていた遺跡で、1人きりで歩い
ていると実際にタイムスリップしたかのように感じた。

Imgp0329 Imgp0339 Imgp0333
◆左:林道を奥へ進むと突然門が現れた ◆中:中央祠堂に絡む網状の根
◆右:こんなところで一人になると怖い

Imgp0342 Imgp0336
◆左:神秘的なタプローム ◆右:自然の巨大な力を目の当たりにする

この日の晩飯は、現地の人たちの食生活を体験すべくオールドマーケットの食堂へ。
ガラスケースの中に7~8種類のおかずが並んでいて、欲しいものをいうとライスと
一緒に席に持ってきてくれる。1皿3000リエル程度で、お代は食後に払う。安く上が
るけど、お腹の弱い人はやめたほうがいいかも。

Imgp0352 Imgp0418
◆左:おかず2品とアンコールビールで$2程度 ◆右:オールドマーケットの食材店

部屋でビールでも飲もうと思い、帰り道に駄菓子屋に寄ると、奥から店の女の子が出
てきた。まだ5~6歳の子供だ。1本3000リエル、2本なら4000リエル。この歳ですで
に商売が身に付いている。遺跡の屋台や出店でも子供がいっぱいいたが、みんな元気
で口がうまい。で、タイやフィリピンのようなイヤラシさが無い。
ベランダで飲んでいると、隣の初老の夫婦が出てきて情報交換になった。この日はト
ンレサップ湖に行ってきたとのことで感想を聞くと、物乞いが多くていまいちだった
とのことだった。翌日はトンレサップ湖に行く予定だったが、再びアンコールワット
へ行くことにした。

■今回の旅行で参考にしたサイト■
 ・シェムリアップへの格安航空券購入:エイビーロードネット
 ・シェムリアップへの航空:シンガポール航空シルクエアー
 ・シンガポール空港情報:チャンギ空港
 ・シェムリアップのホテル予約:アップルワールド旅WEB
 ・色々情報1:CambodiaWatch
 ・色々情報2:地球の歩き方カンボジア

★クリック投票をお願いします!★

アンコール前日の日記へ       アンコール翌日の日記へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

アンコールワット旅行記 初日:アンコールワットへ

2005年10月17日から20日まで、アンコールワットへ一人旅。
そのPART2。

…~……~……~……~……~……~……~……~……~……~……~…

【2005/10/18】
チャンギ空港を飛び立ってから2時間20分、ついにシェムリアップに上陸した。
田舎の空港らしく、降りてから入国ロビーまでは、道路を歩いていく。
カンボジア入国にはビザが必要で空港で申請できる。US$20と顔写真2枚が必要。
専用のカウンターがあるが、窓口が一つしかない。僕の場合は空いていたが、曜日
や便によってはかなり並ぶこともあるらしい。
空港を出た。とても蒸し暑い。ここの10月は雨季の終わりで、日本の残暑にさら
に高い湿度を加えたような感じだ。
とりあえずホテルに向かうことにした。シェムリアップ市内へは車かバイクタク
シーを使う。外に出ると受付カウンターがあるので、そこでお願いすればいい。
中型のキャスターバッグを持っていたが、バイクタクシーで大丈夫だと言われた。
ここではよほどでなければバイクタクシーが主流のようだ。市内まで$1。かなり
誇りっぽいので、サングラスを持っていった方がいい。
ドライバーはソカンという26歳の青年。そこそこ英語が喋れて積極的に話し掛け
てきた。なかなか好感の持てるヤツだったので、今日明日と彼のバイクをチャー
ターすることにした。$7/日。初日はアンコールワットへ。
カンボジアの通貨はリエルだが、US$も使える。$1=4,000リエル。おつりはリエル
でもらえるので、$1札をいっぱいもっていけば、事前にリエルに換金しておく
必要はないと思う。

Imgp0437 Imgp0350
◆左:シェムリアップ空港 ◆右:お世話になったバイタクのソカン君

アンコール遺跡群を拝観するには入場券が必要。途中のチェックポイントで購入
できる。1日券$20、3日券$40。写真が必要だが、無料で撮影してくれるので持参
しなくてもOK。結構いい料金を取られる。これでシェムリアップが発展するなら
しゃーないか、とその時は納得したが、後で実は民間の会社が運営していること
を知らされビックリ。カンボジアには、ビッグチャンスいっぱい転がっているよ
うだ。先に思いついて行動した者が勝ちという段階にあるみたいだ。
バイクで走ること20分、念願のアンコールワット遺跡に到着、すげー!思わず叫
んでしまった。メッチャ感動だ。
お堀を渡り、西塔門をくぐると、中央祠堂が見えた。写真やテレビで何度も見た
姿だが、生で見るのはやっぱり違う。
アンコールワットは、12世紀前半スールヤヴァルマン二世の時代に造られたヒン
ドゥー経寺院で、「天空の楽園の実現」がテーマだったらしい。第一回廊に描か
れた美しいレリーフと5つの塔で囲まれた中央祠堂が特徴。

Imgp0252 Imgp0264 Imgp0263
◆左:西塔門をくぐると中央祠堂が現れた ◆中:頂上へはものすごく急な階段を登る
◆右:頂上からの眺め

Imgp0380 Imgp0374 Imgp0272
◆左:戦いに赴くスールヤヴァルマン二世 ◆中:ヴィシュヌ神とアシュラの戦い
◆右:雨のアンコールワットは神秘的

一通り拝観が終わって帰り道を歩いていると突然の夕立、ツイてない...とり
あえず初日の拝観は終了、早めに終わったので、バイタク料を$5に値切った。
ゴメン、ソカン。
僕が宿泊したアンコールダイヤモンドホテルは、全室ツインのコテージタイプ。
朝食付きで1泊3,000円。夕飯ついでにオールドマーケットへ。
オールドマーケットまでは歩いて20分くらい。夜は真っ暗で、バイクや車やトゥ
クトゥクがわんさか走っているので、道路を横切る際は注意が必要。
どこで夕食を取ろうかとフラフラしていると、アンコールビール¢75の看板が。
メニューをチェックしたら、あまりカンボジア料理が載っていなかった。店員が
話しかけてきて、カンボジアンフードはある?と聞くと、特別に作ってくれると
言うのでここに決めた。
ラスメイアンコールというレストランで、隣でゲストハウス経営していた。あま
り下調べをしてなかったので、一番有名な肉とスープを食べたいというと、チキ
ンの炒め物と、魚のサワースープを作ってくれた。もの凄く腹が減っていたので
写真を撮るのを忘れたが、かなりうまかった。香辛料や味付けはタイ料理と似て
いるが、辛くなく食べやすい。彼(名前を忘れた)とはすっかり意気投合してし
まい、デザートとコーヒーをサービスしてくれた。かなり満腹。ビール2本と料理
2品で$9は相当安い。
しかしシェムリアップの人はみないい人で、安らぎを感じた。

Imgp0406 Imgp0275
◆左:ラスメイアンコール ◆右:気さくな店員君

■今回の旅行で参考にしたサイト■
 ・シェムリアップへの格安航空券購入:エイビーロードネット
 ・シェムリアップへの航空:シンガポール航空シルクエアー
 ・シンガポール空港情報:チャンギ空港
 ・シェムリアップのホテル予約:アップルワールド旅WEB
 ・色々情報1:CambodiaWatch
 ・色々情報2:地球の歩き方カンボジア

★クリック投票をお願いします!★

アンコール前日の日記へ       アンコール翌日の日記へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

アンコールワット旅行記:念願のアンコールワットへ出発!

Imgp0324_1 2005年10月17日から20日まで、アンコールワットへ
一人旅。
そのPART1。

…~……~……~……~……~……~……~……

僕が勤務している会社では、年に一回5連休が取得
できる。
昨年10月はずーっと行ってみたいと思っていたアンコールワットに
行ってきた。
今日から4日間でその旅行記を綴ってみようと思う。

●旅行計画:
アンコールワットの拠点となる都市は、カンボジア王国の西北のシェムリ
アップだ。シェムリアップへは直行便はなく、バンコク経由で入るのが
一般的のよう。
僕の場合、帰りにシンガポールに住む先輩夫婦宅を訪問することになって
いたので、シンガ経由で入ることにした。
◆チケットの手配:
一人旅ということと、僕の場合自由気ままに行動したいというのがあって、
チケットとホテルを個別に手配することにした。
僕はいつもエイビーロードネットで格安航空券を検索する。色んな会社の
チケットを価格順で検索でき、また条件もアイコンで一目で確認できるの
でとても便利。



今回はシンガポールストップオーバー付のシンガポール航空のチケットを
55,000円で入手できた。かなりお得なチケットだ!ただ最近のガソリンの
高騰で、燃油費が7,200円もかかってしまった。あぁこれはしかたが無いか。
ホテルはアンコールダイヤモンドホテルというエコノミーホテルを、
アップルワールドというサイトで予約。ここのサイトはシステムがしっかり、
していているので安心だ。

【2005/10/17出発】
シンガポール航空は、全席テレビ付でご飯もおいしくさすがという感じ。
しかも平日出深夜シンガ着の便ということもあり、席はガラガラで思いっ
きり爆睡できた。
深夜1:00にチャンギ空港着。世界一と言われる空港だけあって、デカイ&
キレイだ。シェムリアップへの便が8:45だったのでかなり時間がある。
フラフラ歩いているとジムがあり、この時間帯は仮眠所サービスをやって
いるらしい。$30で、シャワー、朝食、ドリンクサービスが付いていると
説明された。ここで仮眠をとることにしたのだが、ソファーもふかふかで
心地よく予想外に快適。高いお金を出してホテルで仮眠するよりもお得だ
と思う。
というわけで、明日のアンコールワット拝観に向け、いい夢を見ながら
休むことに...

■今回の旅行で参考にしたサイト■
 ・シェムリアップへの格安航空券購入:エイビーロードネット
 ・シェムリアップへの航空:シンガポール航空シルクエアー
 ・シンガポール空港情報:チャンギ空港
 ・シェムリアップのホテル予約:アップルワールド旅WEB
 ・色々情報1:CambodiaWatch
 ・色々情報2:地球の歩き方カンボジア

★クリック投票をお願いします!★

アンコール翌日の日記へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おすすめ居酒屋&料理店 | ささやかな楽しみ | アンコールワット旅行記2005年10月 | ゴルフ日記 | サイパン旅行記2006年2月 | サイパン旅行記2006年5月 | サイパン旅行記2007年1月 | サイパン旅行記2007年7月 | サイパン旅行記2008年1月 | サイパン旅行記2009年11月 | サムイ島旅行記2005年3月 | シパダン旅行記2010年5月 | スキー日記2006 | スキー日記2007 | スキー日記2008 | スキー日記2009 | スキー日記2010 | チャリで東京散策 | パラオ旅行記2006年11月 | パラオ旅行記2007年12月 | パラオ旅行記2008年12月 | パラオ旅行記2009年12月 | パラオ旅行記2009年5月 | パラオ旅行記2011年2月 | パラオ旅行記2012年4月 | パラオ旅行記2013年4月 | パラオ旅行記2014年1月 | ビジネスの話 | ホノルルマラソン記 | マウンテンバイク | モルディブ旅行記2010年1月 | モルディブ旅行記2010年3月 | レーシック | 京都紅葉の旅2006年11月 | 京都紅葉の旅2007年11月 | 仕事の話 | 健康とダイエットの話 | 八丈島旅行記2009年10月 | 利島旅行記2013年10月 | 宮古島旅行記2005年6月 | 宮古島旅行記2006年6月 | 宮古島旅行記2007年10月 | 宮古島旅行記2007年12月 | 宮古島旅行記2007年6月 | 宮古島旅行記2008年11月 | 宮古島旅行記2008年2月 | 宮古島旅行記2008年6月 | 宮古島旅行記2008年8月 | 宮古島旅行記2009年12月 | 宮古島旅行記2009年4月 | 宮古島旅行記2009年7月 | 宮古島旅行記2009年9月 | 宮古島旅行記2010年11月 | 宮古島旅行記2010年4月 | 宮古島旅行記2010年6月 | 宮古島旅行記2011年10月 | 宮古島旅行記2011年6月 | 宮古島旅行記2012年10月 | 宮古島旅行記2012年6月 | 宮古島旅行記2013年11月 | 料理と食べ物の話 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 沖縄本島旅行記2013年6月 | 白馬八方尾根旅行記2012年10月 | 石垣島旅行記2007年9月 | 石垣島旅行記2008年4月 | 石垣島旅行記2010年8月 | 石垣島旅行記2012年12月 | 英会話NOVA日記 | 草野球日記 | 葉山ダイビング日記 | 長野駒ヶ岳旅行記2006年9月 | 長野黒部ダム&白馬八方尾根旅行記2009年10月 | 雑誌掲載写真 | B’z My Best | PRIDE&K1